Home » » 「6/1 メトロ大學×シンセ映画 vol.01」

6/1 メトロ大學×シンセ映画 vol.01

2015年5月2日   出演情報

6月1日、京都METROにてメトロ大學×シンセ映画の企画を開催します。
第1回目となる今回はシンセサイザー音楽の始祖の1人であるジャン=ジャック・ペリーのドキュメンタリー映画「Life, Laughter & Loops」、そして現代のシンセサイザーシーンを描いたドキュメンタリー映画「ナニワのシンセ界」のシンセ映画2本に加えて、「Life, Laughter & Loops」の日本語字幕を制作したCraftwife、「ナニワのシンセ界」の大須賀淳監督を迎え、関西シンセサイザーシーンで注目のイベント「シンセ温泉」主催サワサキヨシヒロ、「関西モジュラーフェス」主催でモジュラー奏者Unyo303をゲストに、映画上映+トークイベントという盛り沢山な内容となります。
どうぞ宜しくお願い致します。


metro大學シンセ_裏_完成

ジャン=ジャック・ペリーとナニワのシンセ界のドキュメンタリーシンセ映画2本立て×シンセ座談会!!

◆映画『Life, Laughter & Loops』
2004年 イギリス 74分
監督:Malcolm Meehan  www.mee3d.com
字幕: Craftwife

◆映画『ナニワのシンセ界 The New World of Synthesizer in Osaka』
2014年 日本 78分
監督:大須賀 淳
制作:株式会社スタジオねこやなぎ

◆シンセ座談会「モジュラー実演&シンセサイザートーク」
大須賀監督×サワサキヨシヒロ×西田彩ゾンビ×Unyo303×Craftwife

◆京都METRO 告知ページ:http://www.metro.ne.jp/schedule/2015/06/01/

◆Facebook Page:https://www.facebook.com/events/413171608861803/
——————————————–

1960年代から電子音楽の先駆者の一人として活躍し、たくさんの愉快で可愛らしい音楽を生み出したフランス出身の電子音楽家・ジャン=ジャック・ペリー。電子ポップ音楽ユニット、ペリー&キングスレイの一員としても有名な彼の生誕80周年を記念して制作されたドキュメンタリー映画「Life, Laughter & Loops」。

そして2014年、新旧のシンセサイザーを駆使し、関西特有のディープな感覚で個性豊かに自由奔放な活動を繰り広げている関西の現代アーティスト達を描いた「ナニワのシンセ界」。この時空を跨いだ2つのシンセサイザーを巡るドキュメンタリー映画2本立てでお送りするシンセ映画企画第一弾です。

更に、映画「ナニワのシンセ界」の大須賀淳監督、そして「Life, Laughter & Loops」の日本語字幕を担当し自身でも先鋭的なアーティスト活動を繰り広げるCraftwifeを招き、「ナニワのシンセ界」にも出演している巷で話題の「シンセ温泉」を主催するサワサキヨシヒロ、西田彩ゾンビ、「大阪モジュラーシンセフェス」主催のUnyo303らによるモジュラー実機の実演とボケ・ツッコミ混じりのナニワのシンセトークを同時開催。

——————————————–

『Life, Laughter & Loops』 
2004年 イギリス 74分
監督:Malcolm Meehan  www.mee3d.com
字幕: Craftwife

2004年に製作されたジャン=ジャック・ペリーのドキュメンタリー。彼本人が、自分の人生において影響を受けた人物や共演者について、また音楽制作に対する考え方を語っていく。素晴らしい内容にも関わらず日本では殆ど紹介されていない作品だが、今回特別に許可を得て日本語字幕つきでの上映を行う。

【ジャン=ジャック・ペリーとは】1929年フランス生まれの電子音楽家。電子楽器のデモンストレータとして渡米し、「Perrey & Kingsley」(ペリー&キングスレイ、通称ペリキン)を結成。テープコラージュや電子楽器、モーグシンセサイザーを駆使して、可愛らしく愉快なトラックを制作。「バロックホウダウン」は、ディズニーランドのエレクトリカル・パレードのテーマ曲の原曲に使用されている。 http://www.jeanjacquesperrey.com/

——————————————–

『ナニワのシンセ界 The New World of Synthesizer in Osaka』
2014年 日本 78分
監督:大須賀 淳
制作:株式会社スタジオねこやなぎ

大阪にはもう一つの「シンセカイ」があった!
ツワモノ揃いのミュージシャン、気鋭のシンセ開発者、巨大なマシンを操るシンセ女子、電子音がなり響く蕎麦店、コタツのある楽器店など、2014年の大阪を舞台に展開される、世界でも唯一無二の超個性的なシンセサイザーシーンに体当たりで挑んだ渾身のドキュメンタリー映画。

出演・撮影協力:荒川 伸(株式会社REON) Unyo303 久次米一弥(天地雅楽) ピノ作(J.M.T Synth)
西田 彩(ゾンビ) Risa 江夏正晃(marimoRECORDS)
サワサキヨシヒロ Durusin yakan MINE Makio Gamasawa Implant4 Studio D.C nu things 電氣蕎麦 Tokyo Festival of Modular ほか

——————————————–

日時:2015年6月1日(月曜)
場所:京都Club METRO
時間:18:30開場 19:00 上映(途中休憩有)
料金:学生1000円+ドリンク500円
   一般1500円+ドリンク500円
メール予約の宛先: ticket@metro.ne.jp
来場者が多い場合にはメール予約順の入場とさせて頂きます。
公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。(5/31締切)
※学生の方は入場時に学生証の提示をお願い致します。

協力:Club METRO、(株)スタジオねこやなぎ
主催:シンセ映画実行委員会 代表:西田彩ゾンビ
お問合せ: office.saya@gmail.com (西田)

 タグ:  ,

お知らせ

出演情報

最近の投稿

カテゴリー

メタ情報